こまめな会計処理を!

こんにちは。
9月になりましたね。
ようやく涼しい秋の訪れを感じるようになり、今朝なんて寒いくらいでした。
みなさんはいかがお過ごしですか?
税務調査も税務署員の移動も落ち着いてこれから本格的になってきますが、税務調査の対策はきちんとなっていますか?
前回も書きましたが、きちんと会計処理をして真摯な対応をとれば、税務調査は全く怖いものではありませんね。
誰にでも間違いはありますから、指摘された事柄についてはそれ相当の対応をすればいいのです。
個人事業主さんに多いのが、凡ミス、慌てミスです。
もう9月になり、1年の3分の2は経過しています。
きちんと帳簿はつけてらっしゃいますか?
税務調査の対策にもなるのですが、まとめて一年に1回帳面をつけていたり、確定申告が迫って、あわてて処理をすることによって、簡単な計算を間違ったり、間違った仕訳をしてしまったりと、単純なミスがあって、税務調査で指摘された例は少なくはありません。
普段から、きちんと記帳したり会計ソフトの入力をしていれば、確定申告の時期になって慌てることなく正しい申告をすることができます。
誰にでも間違いはあります。
会計ソフトが勝手に計算はしてくれますが、仕訳が間違っていたら大変ですね。
そんなつもりじゃなかった・・・と言っても、間違いは間違いで修正しなくれはいけません。
いざ税務調査になって慌てないように、普段からもきちんとした会計処理、毎日の帳簿をきちんと習慣づけてくださいね。

Posted in 税務調査対策を考えるComments Off

税務調査もいろいろ

税務調査というと、なんでか、皆さん嫌がります。
あとイメージでいうと、怖いと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
しかし、今まで税務調査に関わってきて、本当にいろんな税務調査があるんだなーと実感しています。
とにかく税務調査は怖いものでもなんでもないです。
怖いと考える1番の理由は、調査で指摘されて、税金を課せられることでしょうが、きちんと税務処理の経理をしている場合は全く心配はいりません。
ただ、だれでも間違いはありますので、税務処理の間違いを指摘された場合はすみやかに、処理をしなければなりませんが、普段きちんと会計処理がなされ、きちんと書類もそろっていれば、怖くもなんともないですね。
ですから、税務調査がはいったけど、こんなもんだったんだ~なんて、拍子抜けのあまり逆にびっくりされる方もおられますよ!

その反対に税務処理をごまかしている方や書類などもきちんと揃っていない方は、税務調査も大変ですね。
調査官もきちんとされているとわかれば、その会社に対して信用していただけますし、その反対に、これは適当な税務処理をしているなと感じれば、とことん追求してきます。

また、税務調査の調査官によっても、違うなーと感じます。
真面目で、出世を考えている人はとことん追及しますが、中にはお気楽な調査官もいて、担当の人にもよるなーと感じます。

新人さんの研修をかねて、税務調査にくる場合もありますし、取引先などの特定の資料を集めるだけにこられる場合もありますし、税務調査もいろいろです。

いずれにせよ、きちんと処理できていれば、怖がる必要は全くありませんよ!

Posted in 最近の税務調査の傾向Comments Off

税務調査で横領発覚のニュース

浅草寺病院が税務調査をうけて、元経理課長が告訴されるってニュースがありましたね。
浅草寺っていえば、雷門で有名なお寺さんですよね。
日本各地から、もちろん世界中から観光でたくさんの参拝者が訪れていますね。
テレビやニュースでもよく雷門なんかを見ますけど。

浅草寺病院っていうのは、浅草寺にその昔診療所が建てられたのが始まりだそうですが。その元経理課長さんが着服したのは2億7千万円だそうで。
ものすごい額ですね~
その手口は、浅草寺の僧侶がその病院で治療や診療を受けたときに自己負担の3割分を寺に請求するそうですが、その額を水増ししていたそうで・・・
3年間で2億7千万も着服するなんて荒いですね・・・ビックリ。

浅草寺に税務調査が入って発覚したそうですが。
そのような、簡単に横領ができてしまう体制もどうかと思いますね。
経理は一人にまかせっぱなしだったのでしょうかね。
なんでも、その莫大なお金を株式投資にあてていたそうですが、株の値が下がって回収できてない分もまだあるそうで、なんとも大変ですね。
税務調査で発覚したニュースは毎日のように流れているような気がしますが、金額の大きい脱税や今回のような不正経理が続いているなーと感じます。

いよいよ税務調査が本格的に始まりますが、皆さんはきちんと税務調査の対策はできていますか?
故意ではないにしろ、間違った経理をしていて、思わぬことにもなりかねません。
しっかり税務調査の対策をしていきましょうね。

Posted in 余談Comments Off

税務調査いよいよですね

暑くなりましたね。
梅雨入りして、今日は朝から暑くてムシムシしてます。
夕方からは雨みたいですがね。
昨日、親戚の子どもが遊びにきていて、子どもって言っても中学生なんですがね。
野球部に所属しているんですが、すでに3年生の大会を敗退したので、部活動が終了したとか。早いですね。
あとは受験にむけて勉強なんでしょうか。
その子は負けたんで、全国大会とかはないんでしょうが、口蹄疫の被害が心配される宮崎県では、学校行事なんかも中止やあ延期になり、県外への大会も参加できないとか言ってました。
最後の大会となる、中学3年生とか小学6年生高校3年生の出場がもしかしたらなくなってしまうという話を先生が話していて、だからこそ、先生は競技が何不自由なく出来る環境にあること、お世話になっているすべての方に感謝しなくてはいけませんとお話をされたそうです。
本当ですね。
当たり前と思っていることが、出来なくなることだってあるんですからね。
話はそれましたが、その口蹄疫の影響で農家の方などたくさんの損害を受けた方もたくさんおられます。
宮崎県では税理士会などが無料で税務の相談にのってくれているとか。
今の時点で前年と比較して明らかに所得が減るのは間違いありませんから、所得税の予定納税の免除とか減額の相談にのってくれるそうです。

本当に大変だと思います。
早くこの問題おさまって欲しいですね。

税務署の人事異動が終わったら、いよいよ税務調査が本格的に始まります。
税務調査が多いのは8月から12月でしょうかね。
税務調査の対象となっても慌てず、焦らず、対処していきましょうね。

Posted in 余談, 税務調査対策を考えるComments Off

税務調査はないほうがいいですね・・・

友達の家は自営業ですが、起業して20年程度でもまだ一度も税務調査に入られたことはありません。
またある友達に家は、事業を始めて5年目で税務調査に入られました。
結構税務調査の来る来ないにはばらつきがあるんですね。

税務調査は基本的には3年から4年周期でやってくると言われていますが、毎年のように同じような申告をしている場合は税務調査も少ないのではないかと言われています。
たとえば、急に前年に比べて売り上げが増えたことや支出が増えたときには税務調査の対象となることがあるそうですね。

また、税務署に以前勤めていた人の話では、何かしらのタレコミ?っぽいことがあると一応税務調査に入るそうです。
タレコミというと、ライバル会社や元の社員だったりが考えられますが、その他では荒稼ぎをしているのが気に入らないと近所の人が電話をかけてきたりってこともあるそうで。
そうなるとほとんど逆恨みみたいものですがね・・・
でも、人にそういう気持ちを抱かせないようにすることも人として大事なことかもしれませんね。

従業員を理由があるにしろクビにすることで逆恨みされることもあるそうで。。。
税務調査に入られたくないというのもありますが、自分の周りの人すべてにおいて、気を配ることも社会人として、人間として出来ればいいかなーなんて思っちゃいました。

いずれにしてもきちんと申告していれば、税務調査なんて怖いものでもなんでもありませんからね。

Posted in 考え方いろいろComments Off

スムーズに行うのが税務署対策のコツ。

今回は、スムーズに税務調査を済ませる方法について考えます。
春が近づくと、心配なのが税務署からの通達・・・。なかなか景気も良くならない、こんなどんよりとした状況で税務調査がやってきて、しかも長居されたり、お土産をもらってしまったら・・・。
そんな風に不安に感じているのなら、ここはしっかり対処しましょう!税務署がやってきたとしても、できるだけスムーズに、スピーディに税務調査を済ませてもらう方法を考えませんか?

近頃の税務署は、実際に企業へチェックに入る場合、法人税だけでなく、消費税や源泉所得税の方も1度にまとめて確認をしていくそうです。税務署もできるだけ無駄なく実施したいと考えているようですね。ですから調べられるこちら側も、ちゃんと解りやすく、ポイントをおさえて提示できるように準備しておきましょう。そうすれば調査自体もスムーズに行えます。

メインの法人税は、貸借対照表の残高確認は抜かりなく!売掛金や棚卸資産の計上や、固定資産の処理についても事前にチェックしておきましょう。基本の処理が正しければ、本当は、心配することなんて何もありません。
消費税については、間違いやすいのは課税区分ですね。消費税がかかる or かからないという仕分けが正しく出来て入ればOKです。不安なものはピックアップしておきましょう。

源泉所得税は、給与計算ソフトがあれば、おそらく完璧に処理できるはずです。源泉所得税も間違いやすい項目がありますが、(個人に対する支払や外注費用など)、こちらも処理を不安に感じる場合はチェックしておくと、後で質問を受けたときなど、スムーズに処理することが可能ですよ。

Posted in 税務調査の流れを知ろうComments Off

税務署に対抗しても勝てません。

こんにちは。先日、なんとか確定申告を済ませてきました。
締め切りが迫っていますし、まだ申告されていないという方はお早めに!
納税は日本国民の義務ですから、正しくきっちりと納めておきましょうね。

しかし、近年は長引く不景気のあおりを受けてか、なんとか税金を払わずに済まそうとか、ちょっとでも少なくしたいと考える人がいるようですね。重加算税などのペナルティをうけるケースが増えているようです。
そんな人たちの間で、都市伝説?になっているのが、『税務署に相談すれば、納税額を予定よりも安くすることができる』ということ。これはどういうことでしょう?

詳しい人に聞いてみたところ、なんでも納税額を算出するときに、税務署が推測で出すことがある、と言われていることにあるようです。私たちは税務署の人が調査に来た時、言われたとおりに帳簿などを見せますが、会社によっては『帳簿なんてつけてないよ!』という場合があるらしく、資料が全くない、というような状況になると、税務署は納税額を推測で算出するそうです。つまり、『相談すれば安くなる』というのは、どうやらこのことを言っているのではないか、ということでした。

でも、本当に帳簿をつけていなかったら、納税額が安くなっているかどうかなんて、解らないんじゃ?
と思うのは自分だけでしょうか・・・。もし、裏帳簿があって、それを隠しているとなれば、それこそ税務署に対抗しているようなものだし、これではかえって目をつけられてしまうような気もしますね。そんな目に遭うくらいなら、最初からきちんと納税するほうが、会社のためになるのではないかと思います。

Posted in 余談, 考え方いろいろComments Off

税務調査・心配なのは副収入

こんにちは!税務調査の話題よりも、確定申告の方が気になっている筆者です。
皆さんはいかがですか?サラリーマンの方は心配ない!という人も多いでしょうが、近年は副業をやっておられる人も多いですし、FXや株の収入がある人も増えているのでは?以前に主婦の方で、何億というお金を稼いだ人もいましたが、税務調査で指摘されることが多くなっているのも事実のようですよ。
税務調査で指摘を受けないように、株やFXについても、しっかりと確定申告を行う必要がありますよ。

最近は、FXをやる人も増え、認知度も高くなってきていますので、税務調査に入られて指摘をされる前に、ちゃんと税務調査対策をしている人も多いでしょうが、それでもまだ、「申告しなかったらバレないのでは?」「利益はプラスマイナスゼロに近いから、確定申告はしなくてもいいはず・・・。」なんて思う人もいるようです。

でも、税務署はそんなに甘くありません。FXなどのお金の流れは、税務署はちゃんと把握していると言われています。去年も税務調査に入らなかったし、今年も大丈夫なはず!なんて思っていると、後で痛い目に遭うかも・・・。もしかしたら、税務署に泳がされているだけの可能性もありますからね。実際に、FXが理由で税務調査が入ったケースでも、過去3年分、しっかりと遡って内容を調べ上げられていますし、副収入がある方は、やはり税務調査が入る前に、事前に税務署に問い合わせるなど対策を考えておいたほうが無難ですよ。

税務調査は怖くない!

新年明けましておめでとうございます。今年もとうとうスタートしました。カレンダーの関係で、今年はお正月休みがあまり長くなかったという方も多いのでしょうか。でも休日が長すぎるよりも、このくらいの方がいいなと私は感じています。

さて本年も、税務調査にまつわるお話しを色々と綴っていこうと考えていますが、やはり『税務調査』という言葉には、なんとなくイヤなイメージが付いて回る、そんな人が多いのではないでしょうか。でも、税務調査と言うものは、まったく恐れるべきものではありません。私たち日本国民は、申告納税制度の下で税金を納めていますが、過去の時代、昔の憲法では、納めるべき税金はお上である役人が決めてきました。しかしそれを根本的に変えてきたのは、私たち国民なのです。
確かに現代においては、税務署が私たちの納税額を勝手に決める、なんてことは絶対に許されません。あくまでも私たち国民が主導権を握って、納税しているということを忘れてはいけません。

つまり大切な事は、私たち自身が税金を、自分で計算して納める、ということにあります。自主計算は、税務署の不当な税務調査を許さない、という意味においても大変重要なことなのです。税務調査を受身に考えるのではなく、自分の所得を自分で計算するんだ!という自主的な態度が大切です。申告納税制度では、自ら計算し申告することが、納税者の自分自身の権利を守る活動であるということを、しっかり念頭においておきましょう。

Posted in 考え方いろいろComments Off

最近の傾向を考える。

こんにちは。12月になってしまいましたね。何かと忙しい師走ですから、税務調査は入らなさそう?
今回は、最近の税務調査の傾向について、お話しをしいこうと思います。

税務調査が入りやすいシーズンがあるとか、ないとか、そういった類のウワサは昔からあるものですよね。
もちろん、いつ税務調査が来ても『準備バッチリなので、全然大丈夫!!』という会社のかたも折られるかもしれませんが、やっぱり税務署からの調査の電話というものは、正直ドキドキします。

以前だと、税務調査というのは、新しい年度になると、2月決算の会社から順に、その対象会社へ税務調査に入っていると言われていました。でも、最近の傾向としては、税務調査による所得増加がある程度最初から見込めそうな会社から、順番に税務調査に入っている、というウワサがあります。
これは、欠損金の繰戻し還付の影響かもしれません。

今までに、税務調査の経験があるという企業は、だいたい3~5年で1回程度、税務調査が入っていたと思うのですが、その時期(月)というのは、ほぼ同じ頃だったのではないでしょうか?
だから、『多分、税務調査は○月頃でしょ~』なんて思っていると、もしかすると今後、これが崩れてくる可能性があります。調査の時期は大体何月くらいで、もうその時期は過ぎちゃったから、今年は税務調査に来ないだろう♪なんて考えていると、もしかしたら、突然、予想外のタイミングで税務署から電話がかかってくるかもしれませんよ(-_-;) 気をつけてくださいね。

Posted in 最近の税務調査の傾向Comments Off